【42】教育費について。




こんばんは♪



看護学校時代は、お医者さんと結婚して玉の輿の未来も
多少は妄想した夢見るゆなこです★



最近 仲良くしてくださってるドクターから、ドクターの
恋愛事情についてチラッと聞いたんですけど…


医者はよく医者or看護師と結婚してるイメージあったんですが
ほとんどが医学生時代に医学生同士で付き合って、その人と
若いうちに結婚するパターンが多いんですってΣ(ㅇωㅇ )



若いのに結婚してる人が多いなぁとは思ってたんですが
なるほど、学生時代にもう決めちゃってるのね!!

そりゃー、若いフリーの研修医さんも少ないわけですね←



そうして医者同士が結婚して、お金持ちは更にお金持ちになって
その子どもにはまた医者になれるだけの習い事や教育も
お金かけてバッチリさせられるわけですね!

羨ましい〜!!笑



やっぱり親の収入って子どもの学力と深く繋がってるよなーって感じます…。



子どもの頃から例えば旅行だったり、習い事だったり、
高い知育玩具を買い与えたりと、色んな経験を
させてあげやすいなぁと思います。

タダで遊べるとこだけよりも選択肢が多い!

もちろん私立の小学校にも学費を気にせず
入学させられますし、視野の広い賢い子に
育ちやすいだろうなって思うんですよね。



進学塾なんかは、調べてみたところそもそも
貧乏では月謝 払えませんしね〜( ̄▽ ̄;)



貧しい家で育っても有名大学に行けちゃう人って、
よっぽど教育環境的に恵まれてた上で
文字通り死ぬほど頑張った人達なんだろうな…。



有り得ないとは思うけども、ゆーくんがもし
「医者になりたい!」ってなっても、医者の予備校とか
今の収入で通わせてあげられる気がしないもんね←



それこそ私が夜勤もする正社員の看護師に戻れば
話は変わってくるのかもしれないけど、
ADHDバリバリの私に子育てしながらそれは
限りなく100%に近い無理ゲー(´;ω;`)


うちは共働きですが、週4パート看護師と
常勤(夜勤あり)の介護福祉士なので
収入は残念な感じです( ̄▽ ̄;)


看護師資格のおかげで普通のパートさんと
比べたら倍くらい?の時給ではありますが、
介護職の収入の低さには泣きます!!

こんだけ夜勤しててこの額は可哀想!!
早く見直されるべきだと強く思います。


…話が逸れる逸れる(笑)


もちろん子どもを医者にみたいな目標がある訳では
無いんですけど、私みたいに小学校の授業で躓かないように、
小学校の間、塾には行かせてあげたいなぁと思っていて…。



近所の塾の月謝を見てたらなかなかの出費になることが
判明して、理想と現実に冷や汗をかいています…。


私の場合、育児でどうしても「自分みたいになって欲しくない」が
先走ってる感じで習い事もかなり「させたい欲」が強いです。



これからの時代は英語もある程度できなきゃ!と
保育園の英語の授業、有料のも追加で受けさせたり
幼児教育の習い事をさせてみたり、ヤマハに通わせたり。

まぁまぁお金遣ってますね←


保育園の英語&体操の追加費用:約1万円/月

幼児教育:約1万5千円/月(教材費別)

ヤマハ音楽教室:7,500円くらい(教材費別)

ひぇー、月3万を余裕で超えてくる\(^o^)/



幼児教育は、もしゆーくんが発達障害だった時のための
保険みたいな感覚で2年ほど通わせてますが、今のところ
知能的には問題ないし、先生にもよく褒めて頂いてます!


私と同じで長時間座るのが出来なかったのが、最近は
45分きっちり座って集中してるそうで、明らかな成長が見えて
お迎えの時にママはいつも感涙にむせんでます(´;ω;`)



ピアノは、脳を刺激するし音感もつくしマルチタスク的な
思考に慣れることが出来る、一石三鳥くらいあるかも!?
と、こちらもゆーくんが発達障害を受け継いでしまった時の
保険的な気持ちで体験に連れていきました(笑)


子どもの頃どう育てられるかは、発達障害には
特に重要だと思うんですよね(`・ω・´)

自分のことだから分かる!笑



授業中に校長室で教師とかくれんぼするような私の血をもし
色濃く引いてたら人生ハードモード確定で可哀想なので、
習い事は困難に立ち向かうための武器を育てる投資と捉えてます!



ただ、不安なのが詰め込み教育になってしまってないか。


いつも「今日は楽しかった?」とか、ゆーくんの気持ちを
知るために会話はするように心がけてますが…


親って子どもの事になると盲目になるなぁと感じますし、
これからも気をつけながら詰め込んでいきたいと思います←



子どもの教育の出費は必要経費。親は黙って社畜を頑張るぞ(ㅇωㅇ )



ブログランキングに参加中です♪
よろしければポチッとお願いいたします!
↓↓↓







スポンサーサイト



0Comments